保険の見直しは金額と内容のバランス

サイト内検索(by Google)
TOPICS
保険の見直しは金額と内容のバランス

保険の見直しは金額だけではない

最近人気急上昇の言葉は、保険の見直しです。
特にこの不況の中、景気の良い時にステップアップ方式の保険に入り、今慌てている人や逓減方式とは知らずに、今の保障を確かめてみるとこんなに低くなっているなどと気づく人が多いためでもあります。
その時に、まず思うことは金額のようです。
掛け捨てなんてもったいないという考え方で貯蓄式のものをかけるという考え方が、ほんの少し前までは主流でしたので、相当大きな額の保険料を支払ってきました。
私の親戚なども月に20数万円の給料の中から五万円ほど保険料に回していました。
何十年後には千万円以上のお金が戻ってくるというのを楽しみにしての話です。
金利も良く、飛びついたものの、保険料の一部分は保障分となり、残額が貯蓄分となりますので、大きな金額を支払う割に小さすぎる保障というのが特色でした。
何十年分を毎月数千円の掛け捨てにして、残りのお金を積立にしたほうがお得だったということが十年以上経った今になって気づいたようです。
しかも、保障は非常に高いです。

そこで、親戚は客観的な立場で見直しを提案してくれる保険相談をネット上で申し込みました。
ただただ、今の保険を解約して損をする分を取り戻せる保険のプランと、できるだけ毎月の支払いが小さくなるように保険商品を選んでくれるようにとニーズを言いました。
実際、低所得であるのに大きな保険料を払い続けるには、もう限界だったのです。
独身時代に入ったものですし、家庭を持つ今は、出費が大きく、保険をやめちけれど、損をするからとかたくなに支払い続けてきたのです。
そういう人は、他にたくさんいるようですが、金額を下げることが一番になってしまっています。
保健相談では、保険料を下げることだけでなく、今の家庭の状況と将来を考えて、必要な保障内容も考えてプランをしてくれます。
保障に関して、必要な保障を抜かりなく入れて、安心できる保険プランができるので、ただただ、お金のことしか見えていなかった親戚は、相談したお陰で間違いをしなくて良かったと喜んでいました。


Copyright(c) 2015 保険の見直しは金額と内容のバランス All Rights Reserved.